国税庁本格始動?

大きく稼ぐと累進課税である日本では大金を税金として納めなくてはなりません。
稼げば稼ぐほど税金の額も大きくなり、大金を持つと税金を納めたくないと考えてしまうのでしょうか。
資産家は海外に資金を逃がすといったことも当たり前にしているようです。

国外財産調書の提出義務

海外に資産がある人はある条件で国税庁に報告の義務があるようです。
知らなかったじゃすまないのかな、、、苦笑

居住者(「非永住者」の方を除きます。)の方で、その年の12月31日において、その価額の合計額が5,000万円を超える国外財産を有する 方は、その国外財産の種類、数量及び価額その他必要な事項を記載した国外財産調書を、その年の翌年の3月15日までに、所轄税務署長に提出しなければなりません(「国外財産調書制度に関するお知らせ」もご覧ください。)

引用元 国税庁

5,000万というラインがあるようです。
もちろん提出をしない、提出内容に偽りの内容を記載した場合は処罰されるようですので気を付けたいものです。

国税庁「資産隠しにメス」

国外財産調書の義務があったとしても提出しない人も多いのも事実のようです。
タックスヘイブンによる資産隠しが国際問題になっていますからね。

そこでついに国税庁が動いたのです

経済協力開発機構が策定した「共通報告基準(CRS)」に基づく自動的情報交換の開始されたようなのです

とっても筆者は少し疑問ですね。
資産隠しは良くないが、口座を全て管理される時代がくるのでしょうか。
マイナンバーが発行され始めた時ですが

マイナンバーと銀行口座の紐づけ

ということもちらっと聞きましたが、、、
これはどのような意味があるのでしょうか。

資産隠しや脱税を無くすという大義名分を掲げ、預金閉鎖に向けた準備と捉えることもできるような気がします

話が逸れましたが、、、


国税庁によると、
2017年度分
9,551人
総額3兆6,662億円

一方未提出や記載不備による申告漏れの指摘は194件、総額約51億円


まだまだ隠れた資産はあるようですが、納めるものはしっかり納めましょうね

自動情報交換の参加国

参加国は世界100ヵ国・地域の税務当局が参加しているようです。

欧州・NIS諸国42
アジア大洋州15
北米中南米23
中東アフリカ8

引用元 国税庁

「資産をCRS以外の国に逃がせばいい」
なんて考えてはよくないですね
今後参加国が増えるかもしれませんからね

FXの資金もしっかり申告

私の場合、海外証券会社を使っております。
海外証券会社の場合、総合課税×累進課税です。
利益を出せる個人トレーダーは国内の証券会社を使っていると思いますが海外証券会社を使っている方はウォレットや「海外の銀行口座」を使っていると思います。
FX用資金とはいえ、海外銀行口座に5,000万以上ある場合もしっかり申告はしましょう。

カテゴリー:金融ニュース

Leonardo's Forex Trader

日々のトレードを自分自身の為に記録

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中