テクニカルとは

私のトレードは「テクニカル」に重点をおき、ファンダメンタルでのトレードは一切しておりません。
ですので世界経済の情勢等々でエントリーすることはないです。
なぜ、ファンダメンタルでのトレードをしないようにしているのか。


テクニカルとは


相場の世界では大きく分けると二つのエントリー根拠にわけることができます。
もちろん2019年の現在ではシステムに全てを任せる自動売買やAIに取引を全て任せるトレードシステムなどもありますが、そのシステムを作っているのはあくまでも人間です。
ですので、この大きく分けられる二つの根拠が重要になってきます。


ファンダメンタル

ファンダメンタルはマクロの視点から分析し、価格がどう動いていくのかを考えエントリーする方法となります。


国のファンダメンタルズは、経済成長率(GDP)や雇用統計、物価指数、国際収支などの経済指標から読み取れ、企業の場合は、業績、財務状況などで判断します。株価や為替の動向を予想する基礎的なデータになります。


株価を動かす基本的な要因となるファンダメンタルズを分析することを「ファンダメンタルズ分析」 という

引用元 大和証券

ファンダメンタルにてエントリーしている方々は特にアメリカの雇用統計や各国の中央銀行の発言など特に注意深く観察しております。
各国の中央銀行の発言は価格が一時的に大きく変動することが多いです。
ですので中央銀行の発言など大きな決定事項等はしっかりチェックしております。

最近では,トランプのTwitterの一言で大きく動くことが多いです。
また、イギリスのEU離脱問題など今後大きく価格を変動することと思われますね。


テクニカル

テクニカルは過去の価格変動により将来どう動くかを予想する取引方法となります。

株価や通貨などの値動きの推移をグラフ化したチャートを読み、分析することを「テクニカル分析」といいます。 投資家の心理状態を分析し、今後の値動きを予測する手法です。


価格や出来事の推移をグラフ化したチャートの形状から、将来の値動きを予想する手法のこと。
チャート分析」ともいいます。
チャートには、ローソク足、移動平均線、一目均衡表、ボリンジャーバンド、ストキャスティックス、ポイントアンドフィギュア、MACD、RSIなどさまざまな種類があり、それぞれ独自の分析手法があります。

引用元 大和証券

引用内容のようにチャート分析をする上で、インディケーターやオシレーターといわれる機能を使い価格を予想していきます。


なぜテクニカルトレードをするのか

テクニカルを使う理由としては

「自分にあってるから」

ただそれだけです。
ファンダメンタルはマクロの視点で世界を分析できないとならないのかなと勝手に考えております。
例えば、日本のGDPが今年は昨年よりどれだけ伸びていて、GNPの変動、そして安部内閣が今後どのような方針で日本を引っ張っていくのかなど各国の政治状況まで理解する必要があると考えております。


どうでしょう。
日本人だからといって、日本の各政党が掲げている公約から現在の内閣の動き、与野党でどのような議論をしているのかなど把握しきれている人はいないのではないでしょうか。
自国の政治すらも理解できず、各国の政治状況を理解するところまでは好きでないと難しいのではないかなと感じております。


そもそも、テクニカル分析はこのような実験があったようです。


 大学の経済学部で、学生をA~Dまでの4グループに分け、投資シュミレーションを行いました。
実験に使用した株価と情報は実在する会社と実際のニュースでした。
 そしてある一定の人数をA~Dの4つのグループに分け、それぞれのグループには次のような条件を与え株式投資をしてもらいました。

Aグループ:会社に関するさまざまなニュースを知らされながら、比較的安定した(株価があまり変動しない)株式を売買する
Bグループ:ニュースを全てシャットアウトして、比較的安定した株式を売買する
Cグループ:会社に関するさまざまなニュースをしらされながら、価格変動の激しい株式を売買する
Dグループ:ニュースを全てシャットアウトして、価格変動の激しい株式を売買する

結果、「ニュースをすべてシャットアウトされていた」BグループとDグループのほうが生成が良かった。
しかも、DグループはBグループの2倍の儲けをだした


また、私は数学が比較的好きな分野なのです。
単純に自分のやりたいようにやるのがベストかなと考えてます。

でないと何事も続きませんよね。


インディケーター

インディケーター(インジケーター)とは、FXや金融取引でテクニカル分析に使うテクニカル指標のことです。

引用元 楽しいFX教室

インディケーターは「トレンド系」「オシレーター計」に分かれるようです。

私のブログでよく上昇トレンド、下降トレンドなどとよく言ってますがこのインディケーターを使い判断しております。


オシレーター系は良く買われすぎ、売られすぎなどの判断をするために使用するようです。


私はどちらも使っておりますが、全てを把握しきれていません。
細かく理解するにはかなり複雑な内容ですので今後一つ一つ自分のためにまとめていきたいと思います。


カテゴリー:テクニカル

M’s Trader

日々のトレードを自分自身の為に記録

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中