JPN225の考察

日経225先物の分析になります。
月足、週足等は画像のほうで確認ください。
あくまでも自分の為にアウトプットするということをご理解ください。


バブル相場から考える

やはり何度見てもバブル相場の伸び方は凄いですね。
エリオット波動の5波が綺麗にエクステンションしているのがわかると思います。


底値の1930付近から38920まで一気に駆け上がっています。
このような相場が今後くることがあるとすれば末恐ろしいですね、、、
景気は相当よくなるのは確かです。
ただ、トレーダーとしてはどこまで上昇するのかと恐怖が生じてくるものだと思います。
誰でもバブルはいつかはじけることを知っているからだと思いますが、ハジけた後のことを考えてしまうからではないでしょうか。
と、こういうことはおいておいて。


史上最高値の38920から一気に暴落していますね。
フィボナッチリトレースメントでみると

こうみるとフィボナッチって凄いですね。
ドンピシャとまではいかないまでもある程度フィボナッチの位置で反発しているのがわかると思います。


「今の相場もある程度このラインは重要な意味を持つ」


と私は考えています。
ですので水平ラインは引きっぱなしにしておきます。


バブル崩壊後

バブル崩壊後の修正波はこのようにみています。


修正波のパターンとしては

1、ジグザク修正(単純なa-b-c 5-3-5)
2、フラット系修正波(単純なa-b-c 3-3-5)
3、トライアングル系修正(A-B-C-D-E 内部波動3-3-3-3-3)
4、複合型修正(W-X-Y、またはW-X-Y-X-Z)


修正波の解説は割愛致しますが
画像をご覧の通りです。
ただ、cの着地地点としてはこちらのほうがしっくりきますね。

ジグザグ修正波の5-3-5とみることができます。
そして修正波の中のb波動がトライアングルとなっていることからこの見方が濃厚と判断してます。


トライアングルはエリオット波動の4番目と修正波のb波動に出現しやすいようです。
ですのでこのような修正波で捉えるとしっくりきますね。


修正後

修正後は一旦転換しましたが5波動を完成させ下落してしまいました。
さらに安値を切り下げたので現在の上昇トレンドではこの部分は考えません。
ダブルボトムで現在のトレンドがスタートしたんだなぁ程度ですね。

細かくみていけば5波動形成後に5-3-5で修正波も完成していますので
時間軸を週足などにしてみてみてください。


現在のトレンド

さて。
一番気になるのが現在のトレンドです。
ここは全てをトータルして考えていかなければならないのは当然ですね。
今回の分析の中で重要視しているのは下記になります。


1、エリオット波動5波動
2、修正波の形と長さ
3、オルタネーションの法則


この三つがはっきりででているので転換しと考えることができると思います。
もちろん、波動の読み違いでさらに上昇することも視野に入れて最後までおつきあいください。


1波の始点2009年3月2日 6971
1波の終点2010年4月1日 11366(2波の始点)
2波の終点2011月11月1日 8087(3波の始点)
3波の終点2015年6月1日 20961(4波の始点)
4波の終点2016年2月1日 14770(5波の始点)
5波の終点2018年10月1日(仮の終点)


どうでしょう。
このようにみてみると綺麗なエリオット波動ではないでしょうか。
さらに修正波である2波と4波もしっかり特徴捉えていますね。
二つの修正波の内

「複合型になるほうは修正期間が複合型ではないほうに比べて長い」


逆に言えば複合型ではない修正波の下落はスピードが速いということです。

2波は下降フラッグ型で少し長めの期間下落しているのがみてわかると思います。
トライアングル系か複合型かはどちらでもいいのですが
(まだ自分の中でもどう違うのか今一わかっていない笑)
はっきりみてとれますね。


さてここでオルタネーションの法則です。
2波が複合型になっているので4波が急速に下落する修正波となっていますね。
どちらも違う修正波となるというのがオルタネーションの法則です。
交代の法則というみたいです。


ということで


今回の上昇トレンドではこのようにエリオット波動の中身がしっかり完成しているとみることができると思います。
ということで

A、5波が完成した
B、5波を形成中

この二択になってきます。


転換点を探す

転換点を探すうえでこれまでの内容も含めて検討しますが
まずはフィボナッチで探してみます。


①24766から24790付近怪しいですね


②24890付近


③25588から25624付近


理想の動き

理想はもちろん既に月足で転換を迎えたということです。


仮にここから高値を更新し上昇するとなると説明しずらくなってくると思ってます。


仮にこのようになった場合、新たな1波なのか波動の間隔的にも説明が難しくなります。
(私の知識で)
ですので、3-3-5の修正波の5波がこれからくるとみています。

このような動きのほうがしっくりきますよね。


最後に

最後の最後に解説はしません。
是非このトレンドの安値高値の「日付に注目」してみてください。
上昇の期間、下落の期間をみるとこれから今日という日付にどんな意味があるのかと疑ってしまいますよ笑
それでは頑張ってまいりましょう。

アイネットFX

カテゴリー:テクニカル, FXトレード

M’s Trader

日々のトレードを自分自身の為に記録

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中