2020.01.29


1、当日の方針

・28:00 FOMC政策金利&声明発表
・28:30 パウエルFRB議長の記者会見

現在の動き方としてはドル円109.182付近のレンジ。
株価指数は窓を閉めにいってる様子。
ゴールドはレジサポを割ってきた。
ゴールドの反発ポイントが現時点では見ずらい。
ドル円と指数はどのタイミングでも下落の可能性がある。
ゴールド次第か?
ドル円は窓を締め切った様子。
一応の反発ポイントとしては

日経23571か23708
ダウ28992.2

ゴールドの下値が見えない以上エントリーするか決めかねる。

指数と原油は連動するのか?
原油は50.87付近を割るようなら40を割るぐらいの動きになると思われる。
ということは指数も勢いよく落ちることが想定できる。


原油日足

そうなるとゴールドは上昇する。
現在下落中からの反発になるがゴールドは少しイメージしずらい。
仮に上昇するなら窓も閉めたので上昇し始めてくれていないと
イメージしずらい状況。
現時点でゴールドのポジションを決済してしまっているのが
悔やまれる。
仮に指数が全戻しになっても保険がない。

ということで今は指数の売り増しポイントに集中する。


2、場中の考え方(日本時間)

12:56 現時点でのエントリーポイントは絞り切れない。

14:54 ゴールド1513付近まで下落する可能性あり



3、損益

1/22~日経
☆24027.0 S1枚 保有中
スワップ-529
→決済逆指値24006

1/24~ゴールド
★1567.75 S2枚 保有中
スワップ+152 -152
1565.80 -1.95

1/28~日経
23169 L1枚

ゴールド
1567.83 S1枚
→決済1513前後予定

ゴールド
1572.01 S1枚
→決済1513前後予定


4、当日の感想

要人発言が28:00前後にあることから動きが無い。
ニューヨークタイムに動きはでたが行ったりきたりでどちらに大きく動くが掴めない。
VIXはそこまで上昇してないのでまだ大きくの下落はないはず。
また、ヒンデンブルグオーメンが点灯。
暴落に注意。
ゴールドのポジション取りには注意しつつ株価指数の売り増しを狙う方針は
変わらず。


5、翌日の方針

要人発言でどう動くかで明日の日中は決める。
明日も要人発言があり週末にはイギリス離脱もある。
どう転んでも下目線は変わらず。

株価指数とゴールドで利益を取っていけるのかしっかり見極める。
また、ドル円もエントリーできるように動きを把握する。


6、当日のチャート

ダウ1時間


ダウ15分


日経1時間


日経15分


ゴールド1時間


ゴールド15分


カテゴリー:FXトレード

M’s Trader

日々のトレードを自分自身の為に記録

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中